スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睦月★成人式のためのスパルタレッスン

成人式練習

冬休みの最終日、先輩のお声がけで成人式のための着付けの練習会が開かれました。
メンバーは、先輩A(超〜ベテラン着付師)、先輩B(私のが先に着付けを習ったけども途中で追い越されて今は先生もしている、センスのいい先輩着付師)とみんなの先生と新米の私の四名。

成人式前にいつも先輩方A&Bのお二人は練習会を開いているとのこと。
昨年秋の前撮り2回目ではこの先輩方と同じ現場にいた私ですが、突然の着付師デビューを可哀想とも思ってくれて、技術の無い人が現場でミスするほど周りに迷惑をかけることはないので、今回の練習会は私のために開いてくれたといっても過言ではない。優しい先輩を持ち本当に有り難く感謝の気持ちでいっぱい。

まずは年明けということもあり、先生が抹茶を点ててくれました。
生菓子も先輩Bさんが差し入れに持ってきてくださいました。
甘さ控えめでとても美味しかった〜。

成人式練習

そして先輩方にもお礼を兼ねてちょっとしたお土産を持参したら、皆さんも同じことを考えていてクリスマスプレゼントの交換会のようにお年賀プレゼント交換会となったのでした。

新年のご挨拶をしてから早速、練習。
まずはベテラン先輩Aさんが言う、「オドレッタさんはまず後方の仕事を覚えるように!」…と。
後方の人が出来る人だと、本当に前方の人は仕事が早く楽になるから…と。

はじめに昨年からトルソーにつけていた補正タオルを解くも
先輩Aさんから早速駄目出しが…
「このトルソーに補正した人、駄目よ!駄目!タオルの折り位置が逆!」…と、内心あっ…それわたしが昨年授業でつけたので犯人は私です…と思ったけれども黙ってました
タオルの折りの向きによって、タオルの線がきものに響くので響かないよう考慮してのこと。

成人式練習

改めてタオルの折り方と向きの見本をみせてもらい、後方はベテランの先輩Aさん。前方はBさん。
タオルを背中につけたら、しっかりと手で支えます。
この時も後方の左手小指には腰紐を指にかけています。
すぐに前方人が手に取れるように。

↓腰紐でタオルを固定したの図。
成人式練習

↓次は、胸のコットン。これは前方の人が行います。
成人式練習

↓後方は、コットンを固定するためのガーゼの準備をしていますの図。
成人式練習
この先輩お二人がペアで着付けを組む時は、必ずこのガーゼを使います。人によっては使わないけども、コットンのずれ防止のためにもひと手間をかけているのです。

↓ガーゼをつけた後。
成人式練習
胸元がだいぶ鳩胸になっているのがわかります。きものではこの鳩胸の形状が着姿が美しくなるのです。
人によって違うのでその辺は臨機応変にコットンの数をかえます。

↓ガーゼつけた後ろ姿。
成人式練習

切り込みを入れたガーゼの先は腰紐に絡げておさえます。

成人式練習

途中の写真がないけども、この後は襦袢を着せます。
その時の後方の役割の説明を事細かに教えてくれました。
前回の前撮りの時にこんな人がいたのよ〜と、先輩Aさんが悪い例を実演してくれました。
悪い例とは、襦袢を羽織らせた時に衣紋の抜きで片手で衣紋を持ちただ立っていた人のこと。
またまた内心、誰だそれ…とあの時のアシスタントを思い出し、もしやそれまた私か…とヒヤヒヤしてました。後方は衣紋を抜きながら余った手で背中のシワをとり、固定していなくてはいけないのです。
先輩曰く、後方はぼぉ〜とする暇などなく手は全部使い忙しいのよ。…と。
伊達締めの補佐の仕方も教わりました。

お次はきものを羽織らせて、伊達襟をピンチで留める方法。

↓指3本をつかってよれを取りますの図。
成人式練習
襟部分は曲線になるので、内輪差を考え内側にくる伊達襟はひっぱり気味にしなくてはいけません。
よって人差し指と中指のが力を入れてひっぱっているのです。

↓次に前方が着丈を決める時の補佐。
成人式練習
着丈を前方が決めたら、裾線が上がらないようしっかり見て、位置が変わらないよう後方は押さえます。この時も左手小指には紐をすでにかけています。

次にコーリンベルトの補佐の仕方も教わりました。写真はありません。
コーリンベルトをした後も、後方は背中のシワをのばし余った布は左右均一にのばし余分はヒダを取り、タックを寄せますが、前方は後を確認しないで仮紐をするので前方の速度に合わせて急いでこの作業をしなければいけないのです。

↓仮紐で押さえたよの図。
成人式練習
きものの脇で余り分を上手くタックを寄せます。

↓この写真は何でしょうか?
成人式練習
あっ!思い出しました。前方がおはしょりの高さを決めるので、
後方は前の高さに合わせて、これまたシワのばしをするのでした。

成人式練習

脇で、余り布をうまくおはしょりの重ね部分に入れて綺麗にします。


↓そしてお次は帯を巻くところ。

成人式練習

この帯を結ぶ所の帯の処理を、いかに高く締まるように綺麗にするかを教えてもらいました。

成人式練習

↓ん?なんだこの写真は…?

成人式練習

上の写真と順番逆だったかも。先にきっとこっちの写真がくるかも。
これも帯の締め方をきっと教えてくれたんだな…(そんなんでいいのかわたし…)

↓前の処理(三重紐や枕の紐の処理)を教えて貰っているうちに、帯結びは仕上がっていました。

成人式練習

先輩Bさんは、帯結びがとても丁寧で綺麗に仕上げることが出来る人。
今回もささっと、かわいらしい華やかな結びをしてくれました。

そして後方は、前で帯締め&帯揚の仕上げをします。
ここでみんなでどんな帯揚がいいかの討論会。
最近の振袖は絞りではなく縮緬の帯揚が多いのなんの。
まっ、きっとセット価格の販売でコスト削減のために色々と小物が簡略化というか…なんというか…これ以上は言えません。最近はこれが流行っている…っていえばいいのね。
縮緬でもふんわりと山二つの形にする方法を先輩Aさんが見本を見せてくれました。

成人式練習

ふっくらするよう、帯揚の間にコットンをはさんでいますが、時間かかりそうなので成人式当日はそこまで時間があるかわからないからこれは自分ではやらなさそうだな…。(仕上がった後の写真撮るのわすれた
手順と構造だけは理解したのでよしとします。

成人式練習

そして、お次は先輩Bさんの帯結びを解体しながら手順の確認。
みんなでこれはかわいいし、当日も崩れなさそうだから使えるわね〜なんて言いながらの確認です。

きっと成人式当日は、きものを着たら車に乗り…式典に参加して椅子に座り…トイレにも行くだろうし…よく歩くかも知れないし…どこかに寄りかかるかもしれないし…なんせきものを着たことのない人達がほとんどだから、どんな行動をとるかわからないので、椅子の背もたれに寄りかかっても着崩れない形が良いのです。

↓1:まず、手先を上で結び、三重紐をかけます。
 手先で三ツ山ひだを作り、髪用ゴムで留めずそのまま三重紐にかけてます。
(ゴムを使わない分、手間が省けて時短になります)
成人式練習

2:タレ元を二つ折り。
成人式練習

3:2で二つ折りしたものを左の三重紐にかけます。
成人式練習

4:3で三重紐を掛けた流れに沿い四つ折り。
成人式練習

5:4を二つ折りにしてリボン状にして、右の三重紐にかけます。
成人式練習

↓5までやった図。
成人式練習

6:帯揚もかけ、タレ先を三つに畳んで、タレ先に髪ゴムで留めます。それを3本目の三重紐にかけます。
成人式練習

↓6までやった図。
成人式練習

7:帯締めをして羽を全て綺麗に開いて完成!
成人式練習

成人式練習

次は、帯締めの処理の仕方を、先輩Aさんが見本を見せてくれました。
波打つ形が綺麗ですね〜。流石です。

成人式練習

こちらも華やか。

成人式練習

次は、帯を替えて私が同じ結びを締めてみます。

成人式練習

ちょっと帯位置が低過ぎてしまいましたが、なんとか真似した帯結びは出来ました。

成人式練習

この結びは、案外簡単でいてとても華やかで崩れにくいので、当日もし前方をやることになったらこれをしよう!と決めたのでした。

そして最後に前日自宅で練習していた時まで知らなかったことを先輩Aさんから注意を受けることに…

20141R38

私、今までこのような飾り結びをする時は1枚でも多くヒダが取れる方が良い、更には体格のよい人は絶対に帯が足りなくなるので帯の柄止まり(上の写真の水色★部分の無地の所)が見えてもいいものだとずっと思っていたのです。
それが実は駄目だったというコトを知る…。

先輩曰く、どんな体格の人でも柄止まりは絶対に脇にこなくてはいけないとのこと。無地の部分が出るのは着付師として駄目よ…と。前回の前撮り2回目の最後に私が担当した方、たしか柄止まりがおもいっきり見えていました。それをヤバい…と思った先輩Aさんが助け舟を出してくれて上手く誤摩化せたのでした。その時のことを先輩Aさんからの視点で色々と解説してくれたのでした。
知らぬが仏…とはこのことだわ…と、過去の自分の写真は怖くて見れないな…と。
これからは知ってしまった以上、気をつけます。はい。

こんな感じであっという間に時間が過ぎて、スパルタレッスンは終了したのでした。
そして先輩から補正用ガーゼをひとつ見本に頂き、わたしもこれ真似しますと当日までに準備しなくてはいけないものが出てきました。


ご褒美ごはん
成人式練習
お正月ということもあり、先生が最後のおせちよ〜と、またまた御馳走を出してくれました。
先生のこの人柄で、先生の教室は和やかでいて団結力があり新米の私の面倒も見てもらい、私は本当に恵まれています。
成人式当日はこの先輩方とは別々の会場だけれども、頑張ろうと思うのでした。
当日の覚え書きはまた来週。。。

スポンサーサイト

コメント

Secret

お疲れ様

今回はすごいねぇ。スパルタレッスンも大変だっただろうけど、これだけ書き留めるのにどれくらい時間がかかるか、想像できるだけに本当にお疲れ様でした。
なぜか読みながらむか~し昔の自分の成人式の時のことを思い出していました。
周りの人たちの協力って本当に大事だよね。いつか自分もそちらの側に回れるように日々努力しないといけないよね。がんばりあ~も!!

終わって一安心だけど…

fontanaさん、コメントありがとうございます。
来年の自分用に覚え書きしておかないといけないのよぉっっ…(^_^;)時間経っても覚えているのは、自分で理解してきた…のかな…?
自分の成人式の時はどんな帯結びかは忘れたけども、覚えているのは帯締めの片面の端がおもいっきりズレ落ちたのを覚えていますね…ゆらゆら〜と尻尾のように揺れてましたわ(笑)
リスのブログ時計

by Animal Web Clock
プロフィール

オドレッタ

Author:オドレッタ
パッケデザイナーが人も包みます。新米着付師プロになれますように。。。きものってダイエットになるわね。なんか着ると体の調子もよくなるのよ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
帯結び専用ブログ
かぁ~さ☆えんめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。