スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生★卒業式の袴

卒業式2

もう先々週のこと。
別の学校の卒業式のための団体袴の着付けに参戦してきました。
この日はどんより曇り空…。

会場集合7:30。
今回の私の仕事は誘導係。着付師じゃない分気持ち的に楽でしたが…
思った以上に、疲れた

誘導係は、ヘアメイクが済んだお客様を着付けする場所まで誘導し、
レンタルの場合はお客様の箱を運んで中身を出したり、持込の人はその荷物を解いて着付師の方達が楽なように準備をする。
着付けが終わったら、お客様の預かり荷物を指定の場所に置いて
履物を履かせてあげて送り出す。この繰り返し。

今回のお客様の人数は女子5,60名、男子10名の計70名位だったかな…。
着付師に他誘導、受付係を入れてきものスタッフは17名。
この内、13名は私達の学院の人達。4名は別の学院の人達。
他にはヘアメイクチームにカメラマンチーム。
そして貸衣装屋の統括リーダー。

私にとって2回目の袴の団体着付け。
少しは場慣れして、緊張感は少なくなったものの周りの状況を見ながら誘導するのも案外大変でした。途中、統括リーダーから怒られ注意される。待ってるお客様がいるのだからちゃんと案内して!…と。

8時からスタート。ヘアメイクから入るから、すぐに着付師出動!とはならず前半は数名からの着付けスタート。
着付け終了は10時半過ぎでした。

途中にあったことは飛ばして、最後の反省会のこと。
統括リーダーからみなさん仕事が遅い!…と怒られた
今回は反省すべき点が沢山あります!ときっぱり。
10:15までに仕事をあげなくてはいけないのに、それが出来なかったから。まっ遅刻してきた方も居たからという理由もあります。今回、なんとベテラン先輩の方達の着付けも途中お直しが入るという事態に。直しの時間等で時間を取られたりもした。
着付けリーダーからも厳しく言われる。
これには色々と理不尽な理由があり、今回からこの貸衣装屋用の着付けマニュアルが出来たらしい。着付けリーダーは、もう一つの学院の4人側の方。この方々はこの着付けマニュアルの講習があったとのことだけど、私たち学院側はこの着付けマニュアルを知らなかった。だから、着付けの最中から着付けリーダーが現場で駄目だしの連続。
これでまた時間を取られることに。事前にこのマニュアルのことを言うべきだったと思う。事前が無理ならば、始める前に見本を見せてくれれば先輩の皆さんはその通りにやったはずだ。今回は誘導係だったけど、なんとも腑に落ちなかった。
そして誰かが「勉強になりました…」と言ったらそれも怒られた
「ここは勉強する場所ではなく、プロとして働く所。口を動かすんじゃなくて手を動かしなさい!」…と。
ごもっともなことだけど、言い方がな…

仕事が遅い遅いと言われたけど、ちょっと検証してみよう。
今回の着付師スタッフ17名。
1名は受付。3名は誘導。残り14名が着付け。
で、着付けの中でも2名は男子10名の着付け。残り12名が女子の着付け。
その内1名(着付けリーダー)は現場の指令塔で、誘導補助に着付けもしたりしなかったり。
実際の女子側の着付師は11名ということになる。

はじめの2~30分はヘアメイク待ちで数名(3〜5名)の着付けだった。
8:30から仕上げ時間予定の10:15までの間(1時間45分)内に約45~55名の着付けをすることになる。
単純に一人の着付師は4,5名くらいをすることになる。
一人にかかる時間は、誘導後に準備から送り出すまでに21~26分か。
今回は持込の方が多く、準備に片付けにも時間がかかり、5分〜10分は取られる。
そうすると実際の着付け時間は、平均16分。
これでは遅いということだ。
私の練習での着付け時間は平均16分くらい、これじゃ駄目なんだ。もっと練習しなくてはいけない。
そういえば、練習会の時にうちの大先生から10分で仕上げなさいと言っていた。

今回は、どの立場の人も厳しい状況だったことはわかります。
来年はよりスムーズになるよう考えて行動しようと思いました。
今回もとっても悔しい気持ちになりましたが、自分自身じゃない。来年にいい仕事して見返すしかありませんな…。

そして来年ははじめにちゃんと尋ねよう。
忘れちゃうから、来年の自分用に覚え書き。

 ●仕上げ時間のリミット
 ●お客様が何人いて、平均何人を着付ければよいのか
 ●マニュアルを見せてもらう
 ●全持込はどの位いるか

卒業式2

帰りは、着付けの皆さんとまたブランチを食べに行き、
本業の仕事へと向かいました…。長い1日だったな…。
スポンサーサイト

コメント

Secret

こわい・・・

そりゃ仕事だけど。
言ってることは分かるけど、こわいです。
そんなことで怒らなくても・・・だって、怒っても解決しないし、下手すると人間性を疑われるだけなのにねぇ。(-.-)
やはり日本じゃ働けないかも。こわいよ~
そして一人検証しているオドレッタさんもすごいです(笑)
兎にも角にもお疲れ様でした!!来年のリベンジを期待しています。

まっしょうがない…

現場のトップ次第で、モチベーションは変わりますね(^_^;)今回トップが女性だったので着付け最中も出入り自由だったわけですね。今まで経験したのは全て男性だったから着付け最中は入ってこれないから甘かったのもあるかも。現場で失敗したら全てはトップの責任になるから、その方の気持ちも分からなくはないけどね…まっこれもいい経験です。(現場では毛鰹…と言いたかったさぁ…)来年リベンジします!
リスのブログ時計

by Animal Web Clock
プロフィール

オドレッタ

Author:オドレッタ
パッケデザイナーが人も包みます。新米着付師プロになれますように。。。きものってダイエットになるわね。なんか着ると体の調子もよくなるのよ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
帯結び専用ブログ
かぁ~さ☆えんめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。