スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生★袴の練習三昧

先月からの袴の練習。

卒業式の袴のために練習の日々…。
当日は一人にかける時間は15分。
そのうち5分は準備&片付け。残り10分で着せ付け。

今の私は10分では出来ない。
先週の練習では13〜15分もかかる。
おまけに使う小物や着物に袴だけを順番に並べているにもかかわらず
伊達締め忘れたままにしたり…と問題あり。

袴の着付けは着物が2種類あります。
着物が通常のものと、レンタル用の着丈が短いもの。

今の私は、この両方をちゃんと習得しなくちゃと、
時短でしあげなくちゃと、仕上がりも綺麗にしなくちゃ…と
はじめ若干パニック。

でもまずは、落ち着いて考える。必要な物だけを準備。
通常の着物を使っての練習から始めることにしました。
通常の方で頭にたたき込んで、数やれば身体も覚えるだろう…と。
慣れた頃にレンタル用の練習をすることにした。
レンタルの方のが、2行程少ないから簡単だろうと思う。

それで何日か練習したら、現在11分まで時短出来るようになった。
更には前回の仲間で練習した時に、欠点克服した腰紐の緩みも改善されて
紐の縛り具合はまずまずの出来。
来週までは今の練習法で1日2,3回やろうっと。

自分用に着せ付ける順番を覚え書きしておきましょう。


1:肌着を着る(草履なら足袋も履く)

袴練習2

     ↓

2:タオル2枚使って、腰の補正。

袴練習2

     ↓

3:タオル1枚かコットンを使って、胸の補正。

袴練習2

     ↓

4:襦袢を着る。衣紋の抜きは指3本くらいを目安に。

袴練習2

     ↓

5:襦袢の襟元を決めて、紐で縛る。

袴練習2

     ↓

6:襦袢の着丈を短くして腰紐を結ぶ。

袴練習2

     ↓

7:伊達締めをする。
この時に袴の長さをチェック:草履、ブーツで帯を締める高さ変わる

袴練習2

     ↓

8:着物を羽織らせて腕を通し、着物を下からたくし上げて
  内側を通し腰紐を結ぶ。

袴練習2

     ↓

9:着物の襟元を合わせて紐で結ぶ。

袴練習2

     ↓

10:伊達締めを付ける。

袴練習2

     ↓

11:半幅帯を結ぶ。

袴練習2

     ↓

12:リボンの羽根は20cmぐらいで1つヒダを取る。
  この「Z型」になるのが背中につきやすい。

袴練習2

     ↓

13:手先を羽根の中心で2周巻き残りは、帯の中を通って下へ。

袴練習2

     ↓

14:手先の残りは折って巻いた帯の中へしまう。

袴練習2

     ↓

15:袴の高さを決め(帯から1〜1.5cm下)ピンチで中心を止める。

袴練習2

     ↓

16:前紐を後ろへ通し帯のリボンを固定する感じで
  十字に交差し前へ持って行き、また後ろで結ぶ。

袴練習2

     ↓

17:袴の後ろの紐をきっちり背中に当てて前へもって行き、
  2回からげて蝶々結び。リボンの幅は中心から笹ヒダの間。
(この箇所もう少し手順の写真合った方がわかりやすかったな…)

袴練習2

     ↓

18:リボンの長い方の紐を結び目の下から上へあげて結び目を隠す。

袴練習2

     ↓

19:背中の帯の高さや形状を整える。
 (大きすぎは変だから気をつける)

袴練習2

     ↓

20:変な所が無いか確認して完成。後ろ姿。

袴練習2

     ↓

21:前姿全体。

袴練習2

     ↓

22:前姿アップ。

袴練習2


これで忘れないね。明日も練習するよ〜。

スポンサーサイト

コメント

Secret

リスのブログ時計

by Animal Web Clock
プロフィール

オドレッタ

Author:オドレッタ
パッケデザイナーが人も包みます。新米着付師プロになれますように。。。きものってダイエットになるわね。なんか着ると体の調子もよくなるのよ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
帯結び専用ブログ
かぁ~さ☆えんめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。