スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神無月★創作帯と伊賀くみひも

気づけばもう11月になっちゃってあらら~。
10月の着付け教室のことをまた今さらだけども
覚え書きしておきましょ。

この日は9月に受けた名古屋講座で一通り
学院の講座が全て終わったということで
先生がお抹茶を立ててくれました。
久々のお茶は作法を忘れますね

201110a

今回の授業は、いつもの創作帯結びと
昼間に自分のご褒美に買った帯締めの結び方の
解析をしたのです。

そう昼間に新宿のデパートに伊賀から職人さんが来るということで
ちょいと出かけていました。
職人の手仕事を見て話を聞くのが好きなんですね。
着付けをはじめた頃は、安くてもとりあえず数を揃えよう。。。と
小物を揃えてきましたが、勉強してきてわかりました。
いいものはいい。高価な物には訳がある。
安価なものにも訳がある。。。ということです。
それに最近は着物でもとにかく中国製が本当に多い。
中国製でも決して安いわけではないし、
行く先のことを考えるとこれでいいのか。。。と不安にもなります。
需要と供給がないと伝統文化は伝わらないな。。。と、
これからは少しずつ日本製のものを購入していこうかなと思ってます。
そして、無事に学院の講座も全て終わった記念に
伊賀くみひもの帯締めを購入してみました。

伊賀くみひもは、忍者の「下げ緒七術」に始まる“伊賀くみひも”が帯締めに
姿を変えて京都の技術を取り込んで明治以降、伊賀に根付いたそうです。
(藤岡組紐店パンフレットより)
今回購入したのは「藤岡組紐店」さんの高台を使った帯締めです。


まず、いい帯締めって何よ?ということです。
簡単に言うと「手組み」で「絹100%」で出来ていること。
手組みで絹の帯締めは一度締めたら、緩まないのです。
だから、着物を着て帯が途中でずれちゃって、、、
帯締めも下がっちゃって、、、ということがないのです。

逆に言うと「機械織」で「化繊」の帯締めはとてもお安く買えますが
きちんと帯締めをしめても緩んでくるのです。
だから着崩れが起きます。

この差は大きいですよ。
手組みは時間もかかるためコスト高になるのは当たり前で
更に最近は、意匠は日本。生産は中国。というのがよくあるそうです。
どうせ買うなら作り手がわかって
食べ物じゃないけど安心して使える全て日本製がいいな、と
思い、職人のお兄さんとも相談して今回の帯締めを購入してみました。

そして職人のお兄さんと相談中、お兄さんがささっと
帯締めだけで実際結んだ風にしてみせてくれたのです。
わ~すごっ!と、そのさりげなく結んでる所作がなんともかっこいい。
うん、これ盗もう!と購入したものをそのままで持って帰ります!というと
親切にも結び方を教えてくださいました。
藤岡のお兄さんありがとうございました。
2回のご指導で覚えて夜に着付け教室があったので
先生とこの結びの解析と実践をしましたが、、、
あれ?忘れてる
先生もボケ防止のためにもあきらめちゃいけない。とか言いながら
二人で試行錯誤しながら復習したのでした。


20111c

で、早速帰宅後、コーディネイトしてみたら
色がばっちり合うじゃない~。
後は若草色の伊達襟を買おう!
来月この帯締めで1日過ごす機会があるのでどんな締め具合に
なるのか今から楽しみでしょうがない。


で、授業の話に戻って、今回の創作帯結びは
ふくら雀の変形で犬を作るでした。
先日の園遊会で澤選手が締めていたふくら雀、
パリッと活き活きしていて綺麗でしたね~。
ふくら雀は振袖の帯結びの基本の基本。
基本だから完璧に結ぶのは難しい。

また話がそれた。

復習を兼ねてふくら雀を結んで、そこから
頭の中で多分こうすれば犬になるだろうと思っていたことを
実践してみましたが。。。

↓ふくら雀
20111g
ん?リボンの大きさが違うね。
箱ひだが均等じゃないから汚いな。

↓実験1
20111d
顔の下にひらひらをつけて服を着た犬風にしてみた。
蛇足でしっくりこない。
かっ顔がこわい。。。

↓実験2
20111e
前足をつけてみた。んっんっ???
まだしっくりこない。し、なんじゃこりゃ?

↓実験3
20111f
余計なものは無くそう。
で、一番犬らしく見えましたが、、、完成度低く時間切れ。
先生とここをこうしたらいいわね、と
修正箇所を確認して次回に持ち越しになりました。
多分次は完成するかなと思います。
これを制作している間、次のネタが出てくる出てくるで
先生と楽しい時間を過ごせたのでした。
先生曰く、あなたと授業すると脳が活性化されるわね。と
なんだか私も嬉しくなりました。

毎回の創作帯では自分の手作り小物を使用しますが
今回使った目玉もだいぶほつれてきて修正しないと
いけません。なぜほつれるか、、、これも化繊だからだな。
やっぱり絹がいい!

今回着付けに使った着物、義理の妹から貰ったもので
おばあちゃんのものだったそう。
色も模様も粋で重宝しそうです。
丈とかの確認をするために使ってみたら裄が少し短いだけで
私に着れるサイズで超~嬉しい。
まわりに着物をやっていると言うと
自然と着物が集まってくるのはありがたいですね。

次回は毎年恒例の呉美の市へ出展の創作帯結びの制作をします。
犬の完成は再来月かな。

ご褒美ご飯

20111b


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

着物までが中国製!?勘弁してよ・・・でも今日「メイド イン イタリー」と書いていないものは全部メイド・イン・イタリーではないという逆説を聞いたところでした。イタリアでもそうですが伝統を守るにはお金が掛かります。でもだからと言ってなくなっていいものではないはずです。個人の力は小さくても気持ちある人たちで頑張って行きたいものですね。
犬の完成、楽しみにしています!!

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

メイドインイタリーね。。。

fontanaさん
こんばんは。進化もしなくちゃいけないけれど守りたいものもありますよね。そう、その小さな気持ちを大切にしたいです。
先日観たGOMORRAの仕立て屋さんの話、イタリアで生産されても作っている人が外人ってのもメイドインイタリーなんですよね?う~ん、よくわからん。
ゴスロリファッションのメッカのラフォーレ原宿の服も洗濯タグ見ると面白いわよ。日本製と中国製の服、値段それほど変わらないのよね。

ビジネスマナーさん
訪問ありがとうございます。賞味期限切れのネタをよく書きますがまた覗きに来てくださいませ~。

リスのブログ時計

by Animal Web Clock
プロフィール

オドレッタ

Author:オドレッタ
パッケデザイナーが人も包みます。新米着付師プロになれますように。。。きものってダイエットになるわね。なんか着ると体の調子もよくなるのよ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
帯結び専用ブログ
かぁ~さ☆えんめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。