スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皐月★結婚式に留袖2組(その1)

五月の下旬、友人の結婚式のために留袖の着付けに行ってきました。
今回の式は親族で行うので。。。ということで、
参列は出来ませんでしたが、友人のママと妹さんに留袖を着付けるという
名誉なご依頼を受けたのでした。

nozze5

昨年、学院の最高峰クラスを卒業した私。
教育側に行くには先生育成講座というのが別に3段階あるらしい。。。
そんなわけで今は資格難民といった感じですが、
今は本業が別にあるから、急がず実践の場を増やして
技術を習得しながら、将来のための営業を兼ねて身内やら友人達に
声をかけているのでした。

今回も運良くタイミングが合い、着付けをやらせて頂くことに。
もうね。。。嬉しくてたまらない。
友人が結婚するのも嬉しいし、大切な思い出の日にお手伝いも
出来ちゃうなんて私ってば、幸せすぎですね。

そんなこと言いながら心は裏腹に。。。
嬉しさ楽しさの反面、同じくらいすんごい恐怖もいっぱいなのですね。
本当にコワくてコワくて、でもワクワクしちゃって、眠れなくなります。
先日、学院の勉強会があったので(この記事もまだ書いてなかった~)
ベテラン先輩方にこのことを相談すると、
誰もが数こなして経験で恐怖を克服すること。
誰もが感じることです。とのこと。
あ~みんなそうなのか。。。とホッとしたりしますが、
いやいや大切な日に着付けが汚~い。は
絶対にあってはいけないこと。
記念写真に残るので一生後悔することになります。。。
ちなみに過去に留袖4回着付けしたことがありますが
そのうち3回は失敗。中でも2回は大失敗という
イタい経験があります

そこで、失敗のリスクを減らすために
いろいろと先手を打っておきます。

まず、今後色々な人に着付けをするだろう。。。と想定して、
着付けに必要なリスト表を作ってみました。
毎回なんだっけ?って思い出すのも面倒だからね。

リスト

普段着物を着ない人からの意見も知りたかったので
ついでにアンケートも作ってみた。
今回初のアンケートでしたが、とっても貴重な意見をもらうことができた。

アンケート

そして前日までに着物を確認したいので時間を
作ってもらって小物が全て揃っているか等の確認にも行ってきました。
前日、友人実家に行ったのだけども行ってよかった。。。
今回は全てレンタルということで、一式が箱に入れられ
宅配で2着届いたのですが、襦袢にえり抜きが付いていない
衿抜き無しで着付けるのは絶対に今の私には無理。
他に衿部分のシワが気になるのでアイロンもかけたいし。。。
ということで、襦袢2枚はとりあえず私がお持ち帰りすることにしました。

先日、私もとりあえずで単衣に着る襦袢を買ったのですが、
この時も付いていなくて前日あわててゴムを縫い付けて
応急処置的に衿抜きを作った所だったんです。
友人宅に行った帰り、近くのショッピングモールの呉服屋に寄り衿抜きを購入。
お店のスタッフの方に事情を説明すると。。。
なんと、最近は聞かれたら衿抜きを出すけど、襦袢だけ売るのが
業界的に主流になっていまして。。。となんとも不親切?な返答が。。。。
それで先日私が買った時も何も言ってくれなかったんだな。
襦袢を買った人には一声かけて欲しいよ~と声を大にして言いたい。

スタッフの方と色々お話して、レンタルの襦袢に縫い付けてもいいものか
相談もすると、うちのは安全ピンで付けるからすぐ取れますよ!と
アドバイスをもらったのでそうか。。。と思うも、困った時は先生にも相談。
先生に電話すると、安全ピンよりも縫い付けた方がいい。。。と
はて?困った。どうする?最後に母に相談。すると母も縫え!と言う。
理由は糸で縫った方が生地の穴が目立たず返却時バレないだろうから。
ということで、無事に衿抜きを縫い付けてアイロンもかけ下準備完了!

そして実践の練習が必要なので、母に2回モデルになってもらい、
人形に1回の練習しました。
3回練習して時間はだいたいいつも通り25分ぐらい。
ただ。。。やっぱり帯締めの締め方がスムーズじゃない。
いつもなんとなく1回で出来たり、考えるほど失敗したり。。。
これじゃいかん!と理解しないとずっと出来ないままなので
夜な夜な特訓してやっと理解できました。
教科書の留袖部分も目を一通り通しておきます。

また時間が空くと忘れるので、ぬいぐるみで復習。

obijime1
1:帯締めを衿合わせにする。

obijime2
2:上になった方を下から上へ。

obijime3
3:上にあげた方(裏の赤色の方)を下におろす。

obijime4
4:左側の一番下の紐をトンネルに通す。

obijime5
5:そのまま緩まないように締める。終了!

これで裏側が左に来るようできました。
帯締めのこの方法は全部で4パターンの結びがあります。

裏側が(左)に来て紐先が(1.上を向く)のと、(2.下を向く)もの。
逆に裏側が(右)に来て紐先が(3.上を向く)のと、(4.下を向く)もの。
今回は(2)の結びを理解しましたが、今は他の結びをやると
頭が混乱するので、またいつか理解しましょうっと。

そしてそしてまたまた問題が!!!
先日自分用に買ったとりあえずの襦袢、少し着丈が長かったのです。
着ている本人は全く気づかなかったのだけども
別の先生が気づいてくれて、着物の着丈を少しのばして
ごまかしてくれたのでした。この経験から
襦袢の着丈も確認する必要があったのです。

私の身長約160cmにあの襦袢で約1cm長かった。
ママの身長約153cm。
妹さんの身長約155cm。

自分のその長い襦袢と比較すると。。。
ママのは小さめに出来ていたので問題は無さそう。
妹さんの襦袢は逆算して4,5cm長いかも。。。
ウエスト部分で調整することになるな。。。と想定するのでした。
う~んちょっとコワいな。…と思いながらの前日でした。

長くなっちゃったので、続きは次回。

スポンサーサイト

コメント

Secret

リスのブログ時計

by Animal Web Clock
プロフィール

オドレッタ

Author:オドレッタ
パッケデザイナーが人も包みます。新米着付師プロになれますように。。。きものってダイエットになるわね。なんか着ると体の調子もよくなるのよ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
帯結び専用ブログ
かぁ~さ☆えんめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。