スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田巻でアクセサリー作り

20139wa1

9月の三連休の最終日、WAnocotoさんのアクセサリー教室を受講してきました。
いつかつまみ細工の講座も受けたいな…と思ってはや2年。
なかなか時間が作れなくてまだ受講していないけども
先日気になった講座「組紐結びのアクセサリーレッスン」がFBに載っていた。
写真みて、あ〜小田巻〜〜〜と一人ワクワクしてたんです。

小田巻…といえば、昨年なんちゃって小田巻「オダマキチック」を自分で考えて作ってみたけど、ちゃんと出来ているかもわからないので、折角の機会だからギリギリで申し込みして参加してみた。

当日、10分前位に到着。
すでに講座が始まっていた
講師の先生は岩田晶子先生。
とても優しい先生で、着付けもお花も組紐も帯締め組みも樹脂を使った色々なアクセサリーも作れてしまう、とても器用な方。私の作った小田巻の補正も綺麗にしてくれました。

まず、紐を3本用意。
せっかくだから3本違う色を選んでみた。
紐の種類は「アジアンコード」という組紐を使用。
道具はこんなの↓を使い分けて制作していきます。

20139wa2

そして…今回は構造が知りたくて受けた講座ですが、
自分で考えた、オダマキチックとは全然作り方が違った
3本のうちの1本を指に4回巻き付けたものに他の2本を角度違いでまた巻いていき、均一に締めて丸く整えていく…というものでした。
オダマキは別名「モンキー結び」とも言うそう。
猿の手に似ているから…とのこと。

先生曰く、先生は3本で作るけれども1本の紐からでも作ることは出来るそう。
今回、初めて使用した「アジアンコート」は、飾り結び用に開発された紐…って、サイトに書いてありました。
最近の私の創作帯結び用の飾り結びは化繊から絹に替えたけど
コスト的にみてもこちらのが1/3の値段で買えるようなので、
仕上がりが同じようなら次回はこのアジアンコートで試してみようと思いました。
材質の違いは触ってみないと分からないからね。

今回の講座に出て、素材のことなど他の生徒さんからも情報を聞けたりと有意義な時間が過ごせました。
何か調べるにしてもその糸口を見つけないと調べられないし、今回はそのきっかけにもなり良かったですわ。そのうちまた創作帯結びのどこかに使われるだろうな…と思います。







スポンサーサイト

コメント

Secret

イチゴ飴

本当に糸口発見ってひょんなことだったり、すごく大変だったりするよね。「これのことか!」とピンと来た時がすごくうれしかったり、糸口からものすご~く先が長かったり。
私なんか昔駄菓子屋で売ってた三角のイチゴ飴の先についてる紐みたいに”糸口”はいっぱい持っているのに、なかなか先についてる飴があがってこない感じだね。(って分かるかな?)
今はネットで色々簡単に調べられたりするけど、人からもらう情報はまたそれとは違うよね。有意義な時間を過ごせてよかったですね。(^.^)

知ってる知ってる!

fontanaさん、知ってるその飴!クジとかもあるよね。
(先日ニュースでこのクジで、紐が商品には繋がってなかった…っていう、詐欺もありましたよ)
分かる分かる…(・ω<)アナログだけど人とのコミュニケーションだと偶然の産物があるんですよね。fontanaさんの糸口は特殊なんだよな…でも掴めた時は盛大にジェラートフェスタ(なんじゃそれ?)しなくっちゃ。
リスのブログ時計

by Animal Web Clock
プロフィール

オドレッタ

Author:オドレッタ
パッケデザイナーが人も包みます。新米着付師プロになれますように。。。きものってダイエットになるわね。なんか着ると体の調子もよくなるのよ。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
帯結び専用ブログ
かぁ~さ☆えんめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。